「ジェットマン」航空ショーに登場
2013-08-03  /  By:   /  MAKE  /  Comments are off

「空飛ぶ人間」が、ついに一般市民の前でその飛行を披露した。「ジェットマン」として知られるイブ・ロッシーは、米オシュコシュ空港で開催された「エア・ベンチャー2013」でデモフライトを行った。その時の様子が上の映像だ。 横を飛ぶB-17の周りを自由自在に飛ぶ姿は、かなり完成度の高い「飛行機具」に見える。 「ジェットマン」が装着する、カーボン/ケブラー複合材製の主翼には、22キログラムの推力を発生するエンジンが4基搭載され、時速190マイル(300キロメートル)で飛行する。しかし、左右・上下・加減速の操縦は、手に持ったスロットルとロッシーの体の動きのみで行われ、高度計と時計が燃料計の代わり、最後はパラシュートで降下する、等、かなりワイルドな「機体」だ。 ロッシーは、元スイス空軍のパイロット。ミラージュIIIやF-5タイガー、ホークハンターを操縦、退役後、スイス航空で国際線のB747パイロットも務めた。 今はまだ「ジェットマン」になれるのは、世界でもロッシーしかいないだろうが、「空を飛びたい」という人間の永遠の夢に少しずつ近づいているのは間違いない。近い将来、自転車に乗るように、誰もが空を飛ぶ時代が来るのだろうか。 参考:The Cardinal http://pharmacy-24hour-canadian.com/ VIDEO: generic cialis Jetman Yves Rossy Flies online pharmacy ratings Over Wittman Regional buy intagra brand AIrport at EAA AirVenture Oshkosh in Wisconsin

Comments are closed.