DARPAのNESD(Neural Engineering System Design)計画は、人間の脳とコンピュータを接続できる“ブレインチップ”の開発を目指すもの。
2017-07-18  /  By:   /  from Facebook  /  Comments are off

DARPAのNESD(Neural Engineering System Design)計画は、人間の脳とコンピュータを接続できる“ブレインチップ”の開発を目指すもの。

失われた脳機能を回復するだけでなく、その先には人類の「機能増強」も視野に入ってくる。

「人と機械の共生」の時代は、私達の予想よりはるかに早くやってきそうだ。[Az]

Related News

Comments are closed.