シンガポールのナンヤン工科大学で、無人運転のシャトルバスがデビュー!
2013-08-20  /  By:   /  LOOK  /  Comments are off

シンガポールのナンヤン工科大学で、無人運転のシャトルバスがデビュー!
フランスInduct Technology製の8人乗りのシャトルバスは、バスというよりゴルフカートを大きくしたような車体。乗客がタッチスクリーンで行き先を入力すると、シャトルバスが自動で道路を走行し、目的の場所に連れて行ってくれます。乗客を運び終えると、バスは自動で充電ステーションに戻るそうです。(ルンバみたいですね)
自動走行は、LIDARとステレオカメラで周囲の状況を認識して行われています。時速30kmで走行するので、衝突の危険性はあまりないとのこと。
この自動走行技術、もともと道路の渋滞をなくすことが目的で開発されたのだそうです。

http://www.youtube.com/watch?v=DjQePZVBZk8

Comments are closed.