CO2を原料とする新しいプラスチックを東大工学部が開発
2014-03-12  /  By:   /  MAKE  /  Comments are off

CO2を原料とする新しいプラスチックを東大工学部が開発。
耐熱性やCO2利用率も改善、燃やしても窒素酸化物が出ないという性質も持つ。
今後の実用化に期待したいですね。

出展:東京大学工学部:二酸化炭素から作る新しいプラスチック : 化学生命工学専攻 野崎京子教授、伊藤慎庫助教、博士課程一年 中野遼

Comments are closed.