加速するBMI(脳ーマシンインターフェース)の研究。
2017-08-24  /  By:   /  from Facebook  /  Comments are off

加速するBMI(脳ーマシンインターフェース)の研究。米DARPAが支援するひとつが、パラドロミクス社が開発中の、ワイヤブラシ式「脳モデム」。

極細のワイヤを多数束ね、一端を脳の表面に、他の端をマイクロプロセッサに接続する。得られた信号を分析することで、多数の脳細胞の活動を同時にモニタリングするもののようだ。

脳の中で生まれる複雑な思考や感情を直接取得、伝達、保存できる時代は近づいている。[Az]

Related News

Comments are closed.